スキンケアにも気をつけて

どんなに美しい人でも、お肌が汚いと幻滅してしまいますよね。ところが、顔のお手入れには力を入れているのに、体のお肌はおろそか、という方は意外に多いものです。特に、ノースリーブになる季節に、二の腕のお肌にぶつぶつがある方も!!そんなぶつぶつのある二の腕を人様にさらすのが嫌で、真夏でも丈が長めの半そでを着ている方もいらっしゃいませんか?そこでここでは、二の腕のぶつぶつの秘密について、迫ってみましょう!

 

<病気?二の腕のぶつぶつ>

実は二の腕のぶつぶつには、病名がついています。その病名というのは、「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」。二の腕のほか、背中や太ももなど体のお肌の毛穴に確執が詰まってしまい、ぶつぶつざらざらが発生、その近辺のお肌は赤茶けた色などに変わります。

一般的な皮膚病で、思春期になるあたりからかかり初め、30代になると徐々に消えていくといわれていますが、消えない方も。また、男女比では女性がおおく発症するといわれています。深刻な病気ではなく、ほかの人に感染することもありません。ただ、その見た目のせいで精神的にトラウマになってしまう方もいらっしゃるようで、軽傷の病気とはいえ、実は発症するとやっかいでもあるんですね。遺伝的な要素も強いようです。

<なんで二の腕がブツブツしてしまうの?>

二の腕のぶつぶつの原因は、上記に上げた皮膚病にかかっており、毛穴周辺のお肌の角質の関係でぶつぶつ、ざらざらが発生するのです。自宅では、保湿効果の強い尿素入りのクリームで保湿することが大切です。洗い足りないのだろうと、たくさん洗ってしまったり、患部をごしごしこすったりすると、悪化します。

 

毎日保湿することが大切ですね。また、気になる方は一度皮膚科に受診し、相談してみるのがおすすめです。

皮膚科に通う時間がない、という方は、まずは尿素入りのクリームで毎朝毎晩、保湿しておきましょう。悪化しないよう気を付け、さらに日焼けも避けたほうが安心ですね。

二の腕ぶつぶつの治療はどんなことをするの?

ムダ毛は早めに処理

薄着になる季節の前に気になるのが、無駄毛の処理です!ムダ毛って、ほとんど毎日チェックして、つるつるのお肌をキープしないといけないのが大変なんですよね。だからといって、無駄毛処理に手を抜いてしまうと、お肌に負担になり、影響が出てしまう場合も!そこでここでは、無駄毛処理を早く済ますためにやって失敗しがちなポイントをご紹介しています。

<絶対ダメ!無駄毛処理の暗黙のルール>

○お肌が乾いたままカミソリ処理

お肌が乾いたままの状態、いきなりカミソリの刃を当ててしまうと、肌表面に細かい傷をいくつもつくってしまうのです。シェービングするときには、シェービング用の泡のフォームや石鹸を使い、お肌を保護しながら処理するようにしましょう。また、古いカミソリを使い続けるのもお肌にかなり負担が強くなってしまうので、避けたほうがよいでしょう。

○埋没毛を引っ張り出して抜く

毛穴の中に埋もれてしまった埋没毛を、ピンセットなどで無理に引っ張り出して抜くと、毛穴に炎症を起こしてしまったりします。埋没毛が気になる方は、スクラブなどで自然と無駄毛が顔を出す状態にしてから処理しましょう。気になる方は、美容皮膚科にお願いしてもよいでしょう。

○生理前後の無駄毛処理

生理前後は、お肌がいつもより敏感になっており、肌トラブルを起こしやすい状態になっています。エステサロンでの脱毛も、生理前後はできないように、自宅でも生理前後の脱毛や無駄毛処理はやめておきましょう。

○無駄毛処理後の日焼け

無駄毛処理後は、お肌が敏感になっています。そんなところに日焼けをしてしまっては、お肌がダメージを受けてしまうのは当たり前といえば当たり前ですよね?脱毛用の光を照射した後も、紫外線からはお肌を死守しなければなりませんが、できればカミソリで沿ったあと、脱毛クリームなどを使用した後のお肌はいたわってあげたいものです。

ツルスベのお肌になるためには、無駄毛処理の方法だけでなく、そのあとのお肌のケアも併せて考えていくことが大切なのです!

 

いつでも魅せれる身体に

薄着の季節になると、困ってしまうのが体のムダ毛ですよね。女性の方はもちろん、男性の方でも腕や足の無駄毛に悩む方は意外と多いものです。

そこでここでは、薄着の季節の前にできる無駄毛対策についてご紹介しています。

<家庭用脱毛器を試してみる>

家庭用脱毛器は、年々進化しています。現在では、家庭でも安全に光脱毛を行うことができる家庭用脱毛器が家電量販店などに並んでいますよね。無駄毛の黒い色素に反応する光を照射して、毛根部分を照射していく感じで、一瞬チクッとする痛みを感じるところも本格的。脱毛サロンに通うと、例えば全身脱毛なら4-5年かかるといわれていますが、家でできたら気軽に続けられますよね。難しい部位だけ、プロにお願いするという方法もありますし!

家庭用脱毛器は、無駄毛を引っこ抜くタイプの物、光を照射して毛根から破壊を試みてくれるもの、熱線で無駄毛を焼いていくものなどがあるようですが、おすすめは光脱毛の家庭用脱毛器です。

<除毛クリーム・ムースを試す>

除毛クリームや除毛ムースは、お風呂場で一定時間肌の上にのせておくだけで、お湯で洗い流すと同時に無駄毛も溶けて流れるという仕組みになっています。お肌の弱い人にも、敏感肌用が発売されるなど、年々改良が進む除毛・脱毛クリーム・ムース。毎週ではなく、とっておきのお出かけの日なら限定で使ってみてもよいかもしれませんね。

<脱毛サロンのトライアルに通ってみる>

脱毛サロンのトライアルは、いろいろなサロンが展開していますよね。光脱毛のお試しコースなどを上手に利用して、気になる部位だけお試しで脱毛してみたら、特に夏のお出かけ前ならきれいに処理してもらえるので、おすすめですよ。ただし、光脱毛やレーザー脱毛は、施術をした日は太陽に当たってはいけないなどいろいろなルールがあるため、事前にスケジュールを確認することは必須です!けれど、彼とのデートの数日前にお手入れしておけば、安心ですね。プールデートやビーチデート前は、活用してみては?!