ムダ毛は早めに処理

薄着になる季節の前に気になるのが、無駄毛の処理です!ムダ毛って、ほとんど毎日チェックして、つるつるのお肌をキープしないといけないのが大変なんですよね。だからといって、無駄毛処理に手を抜いてしまうと、お肌に負担になり、影響が出てしまう場合も!そこでここでは、無駄毛処理を早く済ますためにやって失敗しがちなポイントをご紹介しています。

<絶対ダメ!無駄毛処理の暗黙のルール>

○お肌が乾いたままカミソリ処理

お肌が乾いたままの状態、いきなりカミソリの刃を当ててしまうと、肌表面に細かい傷をいくつもつくってしまうのです。シェービングするときには、シェービング用の泡のフォームや石鹸を使い、お肌を保護しながら処理するようにしましょう。また、古いカミソリを使い続けるのもお肌にかなり負担が強くなってしまうので、避けたほうがよいでしょう。

○埋没毛を引っ張り出して抜く

毛穴の中に埋もれてしまった埋没毛を、ピンセットなどで無理に引っ張り出して抜くと、毛穴に炎症を起こしてしまったりします。埋没毛が気になる方は、スクラブなどで自然と無駄毛が顔を出す状態にしてから処理しましょう。気になる方は、美容皮膚科にお願いしてもよいでしょう。

○生理前後の無駄毛処理

生理前後は、お肌がいつもより敏感になっており、肌トラブルを起こしやすい状態になっています。エステサロンでの脱毛も、生理前後はできないように、自宅でも生理前後の脱毛や無駄毛処理はやめておきましょう。

○無駄毛処理後の日焼け

無駄毛処理後は、お肌が敏感になっています。そんなところに日焼けをしてしまっては、お肌がダメージを受けてしまうのは当たり前といえば当たり前ですよね?脱毛用の光を照射した後も、紫外線からはお肌を死守しなければなりませんが、できればカミソリで沿ったあと、脱毛クリームなどを使用した後のお肌はいたわってあげたいものです。

ツルスベのお肌になるためには、無駄毛処理の方法だけでなく、そのあとのお肌のケアも併せて考えていくことが大切なのです!