スキンケアにも気をつけて

どんなに美しい人でも、お肌が汚いと幻滅してしまいますよね。ところが、顔のお手入れには力を入れているのに、体のお肌はおろそか、という方は意外に多いものです。特に、ノースリーブになる季節に、二の腕のお肌にぶつぶつがある方も!!そんなぶつぶつのある二の腕を人様にさらすのが嫌で、真夏でも丈が長めの半そでを着ている方もいらっしゃいませんか?そこでここでは、二の腕のぶつぶつの秘密について、迫ってみましょう!

 

<病気?二の腕のぶつぶつ>

実は二の腕のぶつぶつには、病名がついています。その病名というのは、「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」。二の腕のほか、背中や太ももなど体のお肌の毛穴に確執が詰まってしまい、ぶつぶつざらざらが発生、その近辺のお肌は赤茶けた色などに変わります。

一般的な皮膚病で、思春期になるあたりからかかり初め、30代になると徐々に消えていくといわれていますが、消えない方も。また、男女比では女性がおおく発症するといわれています。深刻な病気ではなく、ほかの人に感染することもありません。ただ、その見た目のせいで精神的にトラウマになってしまう方もいらっしゃるようで、軽傷の病気とはいえ、実は発症するとやっかいでもあるんですね。遺伝的な要素も強いようです。

<なんで二の腕がブツブツしてしまうの?>

二の腕のぶつぶつの原因は、上記に上げた皮膚病にかかっており、毛穴周辺のお肌の角質の関係でぶつぶつ、ざらざらが発生するのです。自宅では、保湿効果の強い尿素入りのクリームで保湿することが大切です。洗い足りないのだろうと、たくさん洗ってしまったり、患部をごしごしこすったりすると、悪化します。

 

毎日保湿することが大切ですね。また、気になる方は一度皮膚科に受診し、相談してみるのがおすすめです。

皮膚科に通う時間がない、という方は、まずは尿素入りのクリームで毎朝毎晩、保湿しておきましょう。悪化しないよう気を付け、さらに日焼けも避けたほうが安心ですね。

二の腕ぶつぶつの治療はどんなことをするの?